オンデマンド印刷・取次方法

インターネットなどの普及によって、オンデマンドでの印刷が広まりつつあります。そういった形で制作された書籍が、出版流通でどのように扱われていくのでしょうか。オンデマンドでの印刷は、必要に応じてどんな冊数でも印刷や製本が可能となるので、一般企業だけでなく印刷や出版業界にも流入して来ています。コピーという印刷方法であるため、1冊から製作可能というポイントはかなり大きな要素であることでしょう。すぐに用意しなければいけない会議資料などのために必要部数を早急に調達しなければならない場合にはかなり役立ちます。

ただ、オンデマンドでの印刷は、コピー機を使ったコピーでしかないため紙を重ねると間が空き、ふわっとしてしまうというデメリットがあります。コピーは熱量で焼き付ける行為なので、写真など画像部分により凹凸感が出てしまいます。

企業にしてみても、機械の保守や消耗品の代金などで、月単位の費用も決して安くは上がらないという実情があるそうです。想像以上に大量生産しない限りは、それまでの印刷方法に頼ったほうが良いということになるかもしれません。

 

ある定められた期間内で書店に販売方法などを頼む委託販売では、出版社で本が制作されると、順次取次庖から全国へと発送されます。売れ残った場合は返本できることが書店にとってのメリットとなります。
注文販売では、本の注文に応じて、出版社が取次店に出荷し、書店へ補充します。読み手や店の注文に依存しての発注となるため、本屋さんに自分の本がいつも並んでいるという姿は見られません。
このように、販売方法にこだわりを持つことも自費出版の醍醐味かもしれません。

コメントは受け付けていません。