婚約指輪の素材

婚約指輪や結婚指輪を選ぶ際に、必ず知っておきたいのが「素材」です。婚約指輪の定番素材はプラチナ(白金)、ゴールド(金)ですが、実は他の金属を混ぜています。混ぜる事によって、指輪に適した合金となっているのです。

特に日本人の肌の色になじむため、人気があるのが「プラチナリング」です。プラチナという素材は、他の素材と比べてやわらかいのが特徴です。プラチナは丈夫な素材で、変色などに強く、温泉などにも耐えうる素材です。そのため、婚約指輪だけでなく、結婚指輪としても日用使いがしやすいため、日本では定番の素材として浸透しています。また、プラチナはやわらかくしなやかであるものの、鋳造製法によっては、硬さを調節できるため、デザインが豊富であるにもかかわらず強度が期待できます。なお、プラチナは世界でも産出できる地域が少ないため、希少価値の高い宝石の一つとなっています。金よりも希少価値が高いため、金を使用した指輪よりもプラチナを使用した指輪の方が高いことも覚えておきましょう。

ただし、プラチナが一般的であるから、プラチナの指輪を選ぶ。という考えですと、自分の個性や完成が活きて来ません。あくまでも、日本で最も選ばれている素材ではあるけれども、じぶんの好きな素材は本当は何なのかという点を考えてみましょう。

コメントは受け付けていません。