患者さんへの対応に表れる

歯科医師の技量と同じくらい重要視したいのが、その先生の患者さんにたいする態度です。専門知識のない患者さんにとって、歯科医院に来るときは不安でいっぱいです。そんな患者さんの気持ちをくんで、素人にも理解できるように説明してくれる、そんな歯科医師は、患者さんにたいして誠実であるといえます。また、患者さんに納得してもらうまで説明できるということは、自分の治療法に確信がなければできることではありません。

歯医者さんは、じつは歯だけに注目していればいいというわけではありません。身体のほかの部分が影響していたり、薬の副作用などが原因となって、口腔内に支障があらわれるケースもあるからです。患者さんとの丁寧な会話をつうじて、全体的な健康状態を把握してくれるような歯科医師は、良い歯科医師であるということができるでしょう。

歯科医師と患者さんの関係は、究極的には、人と人との付き合いであるといえます。患者さんが助けを求めているときに、必死になって応えてくれるような歯科医師がいるような歯科医院であれば、自然と人が集まってくることでしょう。

コメントは受け付けていません。