虫歯を未然に防ぐ

基本的に、歯科医院という場所は、歯が痛くなったり歯周病になったり、治療が必要になったときに行く、というイメージを持っている人が多いかと思います。

しかし最近は、「虫歯にならないために歯科医院に通う」という予防歯科の考え方が広まってきています。3カ月に一度など、定期的に歯科医院を訪れ、クリーニングと歯の健康状態のチェックをおこなうことで、疾患があったとしても早期に治療することができます。また、定期的に歯を診てもらう、ということは患者さんの自分の歯に対する意識を高め、予防効果を上げます。

歯科衛生士によるクリーニングとは、スケーリングという方法で歯石を除去します。歯石の除去は痛いというイメージを持っているる人も、まだまだ多いかもしれません。しかし、本当に腕の良い歯科衛生士の手によるクリーニングは、まったく痛みがなく、むしろ心地よいものです。良い歯科衛生士さんのいる歯科医院との出会いは、歯医者に通うことがまるで上質なエステサロンに通うような楽しみとなることでしょう。

虫歯になっても早期に治療ができれば、それほど痛みもありません。歯科医院が、怖い場所から心地よい場所になれば、歯科医院にとっても患者さんにとっても、より良い関係性が築けることと思います。

コメントは受け付けていません。