製本過程が充実した業者を知る

出版社が製本の部分を自社で補えず、外注として他社の工場などに依頼することになってしまうと、自費出版としての費用はかなりかさんでしまうことと思われます。ある出版社は、編集部や校正部、印刷部は自前で用意できているものの、製本部が存在していなかったため、まさにそのような状態になってしまっていたそうです。

製本過程においては、背表紙に当たる部分を丸背に仕上げる繊細な作業を自社でおこなえなかった故に、他社の製本工場などを視察し、欲しい機械の図面を町工場などに依頼することによって製本するための機械を調達してしまったりしたケースもあったそうです。いわゆる大型ではなく、大量の部数に対してはどうしても限界があるというような形だったそうですが、やはり社内で制作過程を補えるとあって、圧倒的に経営の安定化を図ることができ、請け負う料金も安価にすることができるようになっていったとのことでした。

そういった印制や製本の過程を自社で補える業者は、生産の途中とりわけ印刷の過程に写ってしまった場合でも、何かあった場合に製造を止められるというメリットがあります。さらには社内で統制を持って作業に当たることができるので、顧客の意思に従った統一された仕事がおこなえることでしょう。取り急ぎ一冊だけサンプルとしてなんとか形にできないかというような些か無茶とも思えるような注文などにも、やはり自社統一生産体制がある業者であれば融通の度合いがかなり良くなってくるかもしれません。

また、現代では輸送機関が発達したり、インターネットの普及というインフラの充実などにより、顧客と業者が密に連絡を取り合うこともできるようになりました。これだという信頼できる企業に、依頼や相談などを持ちかけるハードルが俄然低くなっているといえるでしょう。

コメントは受け付けていません。