歯科矯正治療の選択

歯科矯正を行うときは、やはり、矯正を専門とする歯科医師をきちんと選ぶことが必要だということを実感していただけるケースをみてみます。せっかく歯科矯正を行ったのに、治らない、かえって悪くなってしまったケースです。 よくなろうとして、時間と費用をかけて矯正治療を行ったのに、治らなかった、逆に悪くなってしまったというのは、とてもショックな出来事です。これらのケースに学んで後悔しない歯科矯正を行うために、矯正治療を選ぶ目を養いたいと思います。

何年間も矯正治療したのに、歯が前に出たまま、ブリッジを入れて終了に女性も存在します。

前歯の出っ張りと、がたついた歯並ぴは、歯を抜かなくても治せるといわれたのに、途中から治療方針がかわり抜歯をすすめられた女性や歯は並んだけれども、前歯が出てきて口が閉じられない、ヵッパのような口元になってしまった人などもいます。

デコボコの歯並びを何年間も、治療したのにほとんどかわらず、何年もなおらないケースなどもあります。

NGな矯正とOKな矯正を見くらべることで それぞれのケースでは、どんな治療を行い、どこが悪かったから失敗してしまったのか、確認することが大事です。

矯正歯科で失敗したケースに対して、どのような再治療を行うことで、患者さんが満足し、納得した結果に至ったかについても確認が必要です。「NG矯正」としてあるのが、後悔した矯正治療です。そして、「OK矯正」としてあるのは、その後、別の矯正専門の歯科医師にかかって、再治療を受けてキレイに治った結果です。 「NG矯正」と「OK矯正」両方を見くらべることで後悔しない歯科矯正を選択

する貴重な視点がもてると思います。『NG矯正』後の再治療で美しい笑顔が得られた。歯科矯正を行うと、こんな歯並びやかみ合わせになってしまうのかと驚くかもしれません。

けれども、このような治療を受けても、矯正を専門にするきちんとした歯科医師を選べば、再治療可能で、キレイに治るということも理解していただけると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です