WYSIWYG

当初は専用のワークステーションを使って行われたDTPも、やがてパソコンに搭載できるパッケージソフトの開発によって一気に、汎用性のあるものに拡大しました。

特にマックの存在が大きく、当時マックに搭載されていた独自OSの仕様でモニター画面表示とプリンター出力を一致させる構造になっていたからです。

このシステムをWYSIWYG(ウィジウィグ)と呼んでいました。
WYSIWYGとは、見たままが得られるという意味の「What You See Is What You Get」の頭文字をとったもので、入力画面と出力画面が一致するよう表現する技術です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です